大阪桐蔭の超強力打線に立ち向かった米子松蔭2年生エース辰己晴野の今後に注目


 
夏の甲子園が始まり、毎日熱戦が繰り広げられています。毎日見るわけには行かないのですが、先日注目の大阪桐蔭の試合があったので少しテレビで観戦しました。大阪桐蔭はMAX147kmのプロ注目の長身右腕 徳山壮磨がいますが、やっぱり今年のチームは打撃のチームだと思うんですよ。その強力大阪桐蔭打線に米子松蔭はどう立ち向かっていくか。そこに興味がありました。
 
結論、やはり大阪桐蔭の打撃は凄かったし、エース徳山も見事なピッチングを披露し、危なげない勝利をおさめました。ただ、強力大阪桐蔭打線相手にキレの良いストレートを投げ込んでいた米子松蔭の2年生エース辰己晴野くんが個人的に印象に残った。
 
巷では「イケメンエース」として話題になっているようだが、綺麗で安定感のあるフォームから130km台のストレートと変化球を小気味良く投げ込む投手としても話題になって欲しい。現段階でプロ云々というのは少し難しいかもしれないが、とにかくフォームの安定感があり、制球も良いので、体ができてくれば140kmは超えてくるだろう。おそらくボールの回転が良いタイプだと思われるので、球速はあまり関係無いかもしれない。
 
大学か社会人に進んでも野球を続けて欲しいなと思うし、辰巳くんはこれからも注目していくに値するピッチャーだと思ってる。
 
 

2017/08/13 

大阪桐蔭の超強力打線に立ち向かった米子松蔭2年生エース辰己晴野の今後に注目

東京六大学No.1左腕 東大宮台の苦悩

新しいフォームがまだしっくりきていないのか、春のリーグは散々な成績に終わった東大の宮台康平投手。前のフォームの方が躍動感があって荒削りだけど勢いはあった。とは言え、新フォームの方が投球フォームとしては良いように見えるし、慣れてくればこっちの方が良いとは思う。
 
元々制球はあまり良くないけど、新フォームでのぞんだ春のリーグ戦では四死球率12.43と散々だった。一方で奪三振率は下がってしまったのでスカウトは心配であろう。

「いい選手というのは分かっているし、今日もいいボールがあった。もう少しスピードが出てくると、高めのボールでファウルが取れる」

https://www.daily.co.jp/tigers/2017/05/21/0010208300.shtml
 
阪神和田SAのコメントだが、春のリーグでは140キロ台に留まったが、本来は150キロの速球を投げる宮台くん。新フォームを物にして、宮台くんはプロ宣言をしたことですし、本来の実力はあるので秋のリーグ戦ではなんとか復活して、ドラフト上位でプロ入りしてもらいたいところ。
 

2017/08/10 

東京六大学No.1左腕 東大宮台の苦悩

横浜高校甲子園出場の立役者「増田珠」選手の光る勝負強さ

夏の甲子園神奈川大会の決勝を先日テレビで観ていました。去年も話題になっていた横浜の増田珠、万波中正に注目して観てたけど、万波くんはかなりバッティングで悩んでそうだなぁと感じました。一方で増田くんは調子良さそうで、また大舞台にも動じない精神力を持ってるなと思った。

視察したヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクは「左が清宮、安田(履正社)、村上(九州学院)なら、右は増田。巨人・長野みたいになれるイメージ」とドラフト1位候補野手と並べて絶賛した。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/30/kiji/20170729s00001002285000c.html

上記ヤクルト橿渕スカウトは「長野(巨人)」と言い、また他のスカウトは「内川(ソフトバンク)」と表する増田くん。アベレージも残せる中距離ヒッターという評価なんですかね、スカウト的には。これからどういう風に育成されていくかにもよるかとは思いますが、右の大砲として大きく育って欲しいなとも思います。個人的には西武浅村っぽい感じになりそうだなという気もしています。

東海大相模時代の大田泰示が記録した「大会5号」に並んだ増田くん。甲子園でも長打力と勝負強さを発揮してがんばってもらいたですね。できれば高校からそのままプロに行って欲しい気もします。

2017/08/03 

横浜高校甲子園出場の立役者「増田珠」選手の光る勝負強さ